「現代人は歩かなくなった。」

そう言われて久しい。
確かに歩く機会は少なくなったのかもしれない。
鉄道も自動車も普及した。特に僕が住む地方都市では自動車がないと生活ができないと言っていい。
だから高齢者が自動車免許を手放さないことにも、あまり批判的になれないくらいだ。

この運動不足が、現代人の肥満の原因。
と言われている。
だからとにかく運動してやせよう!

そんなの、くそくらえだ!

はっきり言って、ダイエットには運動なんて必要ない。
これは僕自身が体験してわかったことだ。胸を張って言える。
だから運動してやせようなんて、僕は口が裂けても言わない。

第一太っている状態で運動をすることはかなりの苦痛である。
ドMじゃないとやれない。やったとしてもあまりの体力のなさに自信を喪失して終わるのがオチだ。
ひどい時には心臓がバクバクしすぎてしまって、命の危険すら感じる時がある。僕はこのことも経験済みだ。

ましてや運動を推奨する人々って(インストラクターみたいなね)たいがいがやせている。
やせているから気楽に言えるんでしょ!ってなことを考えてしまって、その時点で運動なんてしたくなくなってしまう。

結果にコミットすることで有名なアレも、運動だけでなく食事管理を徹底していることは多くの人が知っている。
あのように筋肉のついた健康的な体型を作るのなら運動も必要なのだろうが、食事管理抜きであの肉体を作ることができるだろうか?答えはおそらくNOだ。食事管理あってのコミットなのだ。

だから僕は運動なんてあまりしたくない。
体重が減ってからは散歩に行きたくなることもあるが、運動とは捉えていない。
そもそもウォーキングなんて運動のうちには入らない。ウォーキングしてやせた人って聞いたことがないですもの。試合の時にけっこうな距離を歩くであろうプロゴルファーなんてみんな体格がいい。女子プロなんか特にそう。だから運動としてウォーキングするのはムダだと思ったほうがいいと思う。

それでもどうしても運動でやせたいというのであれば、毎日2時間くらいジムでトレーニングする必要があるんじゃなかろうか。
水泳を除いて、マシントレーニングとジョグで2時間。しかも毎日。
それくらいやれば運動でもやせるんじゃないのかなと思う。

だけど運動が不要だとは言っていない。
ダイエットには不要だが、健康を維持ためには運動は必要だと思う。

だからこそ僕は「筋力のために運動する」と言う。
「やせるために運動する」では効果が感じられなくて、運動することに後ろ向きになってしまうのがオチだ。

目的を誤ると、せっかくの行動ができなくなってしまう。
今日はそんなお話でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で