僕はこの半年ほどせっせとダイエットに取り組んでいます。
その変化に古くからの友人は驚いています。

「なんでダイエットなんかはじめたん?」
「食べることが好きやったはずやのに」
「やせてしもたらおもろないやん」

最後のコメントはともかく(やせても面白さは変わりません。多分。)、あれだけ食べ物の味と量にこだわってきた僕を知る人間からは驚きでしかないのでしょう。
それくらい生活がガラッと変わりました。

だけど最初からやる気満々で取り組んだわけではありません。
「何としてもダイエットするぞ!」というようなものは皆無で、「ちょっとやってみようかな」という程度の軽いものだったのです。

僕がダイエットに成功した要因の一つが、ここで思い切って前向きに舵を切ったことです。
やる気100%でなくやる気10%くらいからスタートして、それを一気に100%近いところまでもっていけたことがよかったのだと思っています。

僕は成果ってかけ算だと思っています。公式としては「やる気×労力×正しいやり方」。
なのでまったくやる気なしであれば、たとえ労力をかけて正しいやり方でやったとしても、分母が0となるのでいつまでたっても0のままなのです。
だけどやる気が少しでもあれば、労力をかけて正しいやり方でやれば成果は少しでも出ます。

だけど「やる気を出せ!」と熱っぽくいう人や「やる気出さなきゃ」と考えている人は、最初から100%のやる気を手に入れないとうまくいかないと思っているのではないでしょうか。
このように最初のやる気は小さなものであっても、この公式通りに行けば少しずつでも成果は出るのです。
僕の場合は小さなやる気だったものを小さな労力と正しいやり方(偶然見つかったようなもんだけど)から初めて少しずつ成果を出していきました。その後やる気が出て成果を加速的に出せたわけです。

だけど僕は、なぜやる気を100%近くまでもっていけたのか?
それを考えていくと、僕でもできる簡単な方法を選んだからです。

・スマホアプリを使うというツールありきのダイエットだったこと
・特別な食材を用意しない簡単な方法だったこと
・朝ごはんを抜くくらいで食習慣をそれほど変えなくてよかったこと
・2週間から1ヶ月に1回はチートデイとして思いっきり好きなものを好きなだけ食べる日を設けたこと
・比較的早く体重が落ちたので続ける気になれたこと

これだけ簡単なとっつきやすいことが重なれば、誰でもやる気を引き上げられると思うのですよ。
僕はその方法を選んだだけに過ぎません。

なのでまずはちょっとのやる気でけっこうです。興味本位で十分。
そして自分にできる方法を見つけて、少しずつ行動していきましょう。
そうすれば少しずつでも成果は出ます。

なお、この公式はダイエット以外にも通用する公式です。
あなたが目標とすることがあるのならば、まずは自分にできる方法を見つけて、ちょっとずつ行動していきましょう。
やる気を大きく出すのはその後でも十分なのですよ。

【運動嫌いのダイエット】『僕のダイエット13か条』をお届けします

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で