子供の学校の新学期が始まっておよそ1ヶ月が経とうとしています。
クラス替えによって新たにクラスとなったので、担任の先生も新しい先生に変わりました。

そして担任の先生による家庭訪問がそろそろ始まります。
私が子供の頃とは違い毎年クラス替えが行われるので(私の時は2年に1回だった)、毎年家庭訪問が行われることになります。
大変だね、先生も。

お茶はペットボトルにさせていただきます

となると、大慌てなわけですよ。
仕事の都合をつけなきゃならないし(基本平日の日中ですからね)、応対する部屋の掃除をしなきゃいけないし(普段から来客があってもいいような部屋にしていればいいのですが)、お茶やお茶菓子のことなんかも考えなければなりません。

そこで今回はこんな感じで妻に提案しました。

・仕事は休まなくてもいい
=不安げな顔をしておりましたが了承されました。

・カウンセリングルームを使ってくれていい
=これに関してはあっさりと受け入れました。

・お茶はペットボトルのお茶を用意する

最後のお茶に関しては難色を示しましたが、これがベストだろうということで説得しました。
理由としては、

何軒も生徒の家庭を訪問する

時間がタイトである

熱いお茶だと飲むのに時間がかかるし、残すのも申しわけないと思われるかも

冷たいお茶ならすぐ飲めるけど、おトイレが心配

だからと言って何も出さないのはどうか

なので持って帰ってもらえるペットボトルにしよう

という理由です。
私が先生の立場なら、これが理想かと。

こんな感じで考えているけど、ご満足していただけるのでしょうか。
丁重にもてなしたからと言って成績が上がるなどの忖度をしてもらえるわきゃないのでしょうが、気にはなりますよね。

てな感じで先生が希望されているような「普段の生活を見せること」なんて無理無理。
それなりに構えてお会いしようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で