プロ野球のレギュラーシーズンも残りわずかとなりました。
クライマックスシリーズに向けて最後の争いを繰り広げているセリーグを尻目に、我がマリーンズは夏前にはもう終戦…。
今シーズンは消化試合の長いシーズンとなっております。

そうなると早くもストーブリーグの話題が気になってしまいます。
ドラフトだ、トレードだ、戦力外だと、試合そっちのけで気もそぞろになってしまうわけですが、最優先で気になっているのが新監督についてです。

かれこれ5年ほど監督を務めていただいた伊東勤監督が今季限りでの退陣を発表して以降、いろいろと頭の中で考えてしまっています。

だけど親会社はやる気のないロッテなのよ

報道では今季限りで現役を退く井口選手や、元キャプテンのフリオ・フランコ氏の名前が挙がっていますが、どうなんでしょうかね。
希望されるのであればうれしいけれど、親会社はあのロッテですよ?
補強してくれという伊東監督の要望に背を向け、大砲が欲しいという要望にようやく応えたと思ったらサントスを連れてきたロッテですよ?

正直身売りでもしない限り、なかなか招聘しにくいわ…。

そう考えると野村克也さんとか星野仙一さんとかのビッグネームは呼びにくいし、マリーンズ生え抜きで今後指導者として期待できる人も呼びにくい。
つまずいて欲しくないもんね。

そこでこのような人選はいかがでしょうか?

なので私が期待するのはこんな人物像です。

・プロ野球の指導者に縁がなさそうな人
・今後マリーンズの指導者として期待されてない人
・野球関係の仕事(解説者とか)での露出が少ない人
・勝てなくても監督見てたらおもしろいと思える個性のある人
・できればマリーンズOB
・できればパリーグOB
・できれば千葉県出身

こんなところです。
なのでマリーンズOBでいうと、

・小宮山悟
・里崎智也
・初芝清
・黒木知宏

あたりは除外。彼らには将来がありますから。

こんな方々にオファーして欲しい

では具体的に名前を挙げていきたいと思います。
賛否両論あると思いますが、私の意見としてはこんな感じです。

フリオ・フランコ

第一次バレンタイン政権の時に来日して以来、マリーンズファンの間でも人気の高いフランコ。
本人も意欲的だと報道されていたのでいいのではないでしょうか。
独立リーグでの指導経験もあります。

愛甲猛

球界の野良犬としても有名なマリーンズOBの愛甲さん。
プロ野球の裏側をぶっちゃけすぎておそらく指導者には縁がなさそうだけど、逆にこういう人がなったら面白そうな気がします。
またフロントに対しても強く出てくれるんじゃないだろうかという期待もしてしまいます。

新庄剛志

スーパースターだけど指導者としては挙がらないであろう名前をここで挙げておきましょう。
チャラいように見えるけど、僕の中では真面目に野球に取り組んでいたイメージがあります。
野球のプレーだけでなく、チームのことやパリーグ全体の人気のことを考えていたのも高評価です。
今はインドネシアに住んでるんだっけか?早く日本に帰ってこい!

掛布雅之

今季限りでタイガースをさるミスタータイガース。
他のチームに移るとは考えられませんが、こんな仕打ちを受けてるんだからいいんじゃないのかなぁ。
指導者としても理論派だし、何より怒号飛ばさずに指導しようという姿勢がいいじゃないですか。
イップスというものが広く認知されてきている中で、怒号飛ばしてプレッシャーかけてって指導はもういらないと、私は思っているのです。
そんなチーム作りをマリーンズでしてもらいたいなぁ。

 

さあ、果たして誰になるのでしょうか?
今のチーム状態では誰がなってもいいような気がするし、なる人にとってはいばらの道だと思います。
だけど期待しちゃう。そんな複雑な気持ちです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で