昨日6月5日は『敷居の低い読書会in草津』の日でした。いつも通りかんみこより草津店さんで開催いたしました。
かんみこよりさん、いつもありがとうございます。

4名の方にお集まりいただき、総勢5名での会となりました。

夏のような暑さが続いている今日この頃ですが、体調を崩されている方も多いのかな。
なんてことを思いながら、参加いただいたみなさまに感謝です。

この日私がチョイスした甘味はこちら。

期間限定のほうじ茶クリームあんみつです。お早めにどうぞ。

映画も素晴らしいけど原作本はもっと素晴らしいなんて!

今回は人数が5名ということで時間にも余裕があったので、本の話題もお一人お一人たっぷりと時間がとれました。
その分内容濃い目のウイスキーダブル状態。話していてもいつもより熱意多めで話されてましたかね。私も含めてですが。

今回はSFの話で盛り上がりました。
参加者の方曰く、映画化もされている作品で映画自体も自分の中では屈指の作品らしいのですが、原作本ははるかにそれを上回る面白さだと。
映画よりも原作本の方が良かったなんて話はよく聞きますが、映画も素晴らしいけど原作本はより素晴らしい!なんて聞いたことがありますか?
すごい作品なんだなと感心してました。

左利きの苦労をかんみこよりの店員さんと共有する

そして私がパーソナリティーを務めるえふえむ草津の『イブニングロケッツ785』の話題も。
次回の私の登板日(6月12日17時から生放送)のテーマが左利き。
かんみこよりさんのレジで注文していると、店員さんが左利きではないですか?

「左利きって苦労しますよね」

てな感じで遠くから見たらナンパしてるような感じで(笑)、左利きの苦労話などをおうかがいしました。
それ以外にも参加者の方からご質問をいただいたりして(「左利き用の包丁ってどうなんですか?」とかね)、いいラジオのネタが集まっちゃったなあ。

次回のイブニングロケッツ785(えふえむ草津は78.5MHz)は必聴と言っていいくらいいい番組になりそうな予感。
乞うご期待です。

えふえむ草津(78.5MHz)『イブニングロケッツ785』
毎週月〜金 17:00〜19:00 (私ムッシュこと村川圭一が登板するのは第二第四水曜日)
パーソナリティー ムッシュこと村川圭一
アシスタント 愛民ちゃん

次回放送回(6月12日)のトークテーマは『私たち左利きなんです』です。
実は私ムッシュこと村川圭一と愛民ちゃんは左利き。そんな左利きの2人がお届けする左利きあるあるトーク。

リスナーで左利きの方は左利きにまつわるエピソードを(愚痴でもかまいませんよ)。右利きの方は左利きの人に対する質問など、どしどしお寄せください。
メールアドレスはa@fm785.jp
よろしくお願いいたします。

次回以降の『敷居の低い読書会』情報!

次回以降の『敷居の低い読書会』情報です。
まず今月は6月19日にOh!Me大津テラス2FのTSUTAYAでの開催を予定しています。
まだ席には余裕がございますが、お申し込みはお早めにお願いいたします。

『敷居の低い読書会 in Oh!Me大津テラス』
2019年6月19日(水)19:00〜
TSUTAYA BOOKSTORE Oh!Me大津テラス店にて開催
参加費無料(ドリンク・フードは各自お支払いください)
持ち物:シェアしたい本(現物がなくても大丈夫です)
https://www.kokuchpro.com/event/16c970141263c16aba773c6d7703be21/

そして草津開催は来月7月3日。
時間と会場はいつも通りのかんみこより草津店さんです。

『敷居の低い読書会 in 草津』
2019年7月3日(水)19:00〜
かんみこより草津店(エイスクエアSARA東館1F)にて開催
参加費無料(ドリンク・フードは各自お支払いください)
持ち物:シェアしたい本(現物がなくても大丈夫です)
https://www.kokuchpro.com/event/6b33c8a77bed94d135f0452faddcce6a/

(申込受付は6月6日12:00からとなっております)
敷居を低くしてお待ちしております。

最近は、申込受付を開始してほどなく満席となるケースが増えてきました。
読書会という性質上、1回にお集まりいただく人数にも制限をする必要があるので(あまり多いと本を紹介していただくのがコマーシャルみたいになっちゃうから)しかたないとは思っているのですが…。本当にすみません。

今回シェアしていただいた本はこちら

それでは最後に今回シェアしていただいた本を紹介いたします。
興味のある本がございましたら是非とも手にとってみてくださいね。

かわいいからだ/寺門琢己

そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳/谷口真由美

センセイの鞄/川上弘美

ストーカー/アルカジイ&ボリス・ストルガツスキー(著)、深見弾(翻訳)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で