「怪物捕手が打つか?二枚看板が抑えるか?」

明日の決勝戦はここに注目が集まってますが、私は広陵の左腕2人と花咲徳栄の右打者とみています。

広陵の左腕2人はいずれもスリークォーターの位置から投げるので、スライダーが横滑りします。まるで元阪神の遠山みたいに。高校生だとあまり見ることのない角度なので、初めて見る左打者が攻略するのは難しいと思うんですよね。

特に10番の山本くん。打てそうで打てない。打たれそうで打たれない。
「いつでも打てる」と思っているうちに、気がつけば抑えられたまま試合終盤なんてことになりかねません。おまけに焦りも出てくるでしょう。
なので先制点がとれれば広陵有利。中村くんに一発出ればさらに有利。球場のボルテージが味方をします。

花咲徳栄としては投手力を生かして、できればロースコアの試合に持ち込みたいところかなと思います。
そのためには理想論だけど先頭打者を確実に抑えること。
準決勝の天理のように、毎回のように先頭打者を出してランナーのいる場面で中村くんと勝負することか多くなるとしんどい。
中村くんとの勝負を避けられるように。勝負しても傷が浅い場面を作れれば花咲徳栄有利でしょう。

私の予想は花咲徳栄初優勝。
だけどホントわかんねえなぁ。自信が全くありません。
自信を持って言えるのは、広陵応援団のサウスポーと花咲徳栄応援団のサスケがやたら耳に残ってるということだけです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で