私がダイエットに取り組んでから、かれこれ1年と3ヶ月ほどが経過しました。
開始してから1年経たない間に10kg以上やせて、ココナラでダイエットについての教材を販売するまでになりました。

PDF形式で『僕のダイエット13か条』を提供します 運動嫌いなNLP™️トレーナーがストレスなしでやせた13か条

そして昨年末から一旦ダイエットを休止しているわけですが(スマホに頼らず自分の知識と経験と感覚で取り組んでいます)、少しリバウンドした体重(3kgほど)も最近また減りだしました。
それだけ体重コントロールに関して意識と知識が浸透してきたのだなと思っています。

今日現在の私。2年前とは雲泥の差なのです。

ダイエットできない人=昔の私

そんな私が思うことがあります。
それは「ダイエットなんてちょっと変わるだけでできる』ということ。

それまでの私はダイエットできない人の典型例だったと思います。
だけど実践心理学と称されるNLP™️のトレーナーとして、ちょっとした考え方の調整をするだけでダイエットができました。
それもちょっとしたことなので、まるっきり自分自身を変えることなく否定することなくです。

というわけで、今回は過去の私を振り返り、ダイエットできない人の特徴を挙げていきたいと思います。
もし当てはまったとしても大丈夫。ちょっとした調整で変化することができます。

そもそもダイエットするつもりがまったくない

ならダイエットする必要がありません。
この方は今回の記事はスルーしてください。

ダイエットってつらくて厳しいものだと思っている

昔のダイエットであれば食事の量を極端に減らしたり、ビリーズブートキャンプのようなハードな運動をするなどの「苦行」のイメージがあると思います。

ダイエットについての知識が浅くて広い

健康番組の見出しレベルの知識しかないようだとなかなか前向きにはなれないし、結果も出ません。

リバウンドすることを恐れている

やせてから恐れなさい(笑)。

当てはまる人がいっぱいいそうだ

どうでしょうか。けっこう当てはまる人が多いのではないでしょうか。
自分が平凡な人間だというわけではないのですが、多くの人がこんな感じだと思うんですよ。

だからと言って、いきなりモチベーション高くする必要はありません。モチベーションに頼ってもうまくいかないのは仕事と同じです。下手すりゃ仕事よりも長い時間持続させなければならないので、余計無理です。

なので私が提唱するのは「モチベーションに頼らない」ダイエットなのです。
それでもやせちゃった私の考えを知りたいのであれば、是非とも上記の『僕のダイエット13か条』をご購入いただくか、私と親しくなってください。親しい人にはついつい教えちゃったりしますので(笑)。

一番いいのは、私のダイエットコーチングを受けていただくことですが。
実際クライエントに効果が出ています。
私とともに、ダイエットについて考えていきませんか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で