ダイエット生活を始めて早3ヶ月が経ちました。
はじめた当初からは今日現在で13kgやせたことになります。
(現在およそ69kg。はじめた頃は82kg)

特に苦労することもなく、思った以上の成果を挙げられていると思います。
成功の要因はいろいろとありますが、今回取り上げたいのはこの考え方です。

「運動してやせようとしなかったこと。」

これに尽きると思います。
そう考えてたらきっと続かなかったんだろうな、と思っています。

以前は、運動もしようと考えた時期もありました。
1日に5分だけ運動するだけでも違う!というような本を読んだこともありました。
だけどだけど…、続かなかったんだよね。

続かなかった要因を考えると、
・やっぱり運動が嫌い
そもそも運動が嫌いな人が嫌いなことに取り組めるわけがない。
・時間がない
運動をするのにも時間がかかります。言わば運動のための時間を割く必要があるわけです。
そんな時間はありませんよ。
だからと言ってわざわざ時間を割くのも、上記の理由からめんどくさくてやる気が起きませんでした。

ここまでは普通の理由です。そして次の理由がデブならではの理由です。

・デブにとっては軽い運動でもハードワーク
当然のごとく太っている人はすぐ疲れちゃう。
だってさ、他の人よりも脂肪という名の重りを背負っちゃってるんだからしょうがないっしょ。
まず歩こうにも歩けない。走ろうにも走れない。すぐ疲れちゃう。
今よく見かけるキーワードの「自重トレーニング」なんてハードワークでしかない(笑)。

だから余計に運動とは縁遠くなってしまう。ネガティブスパイラルですわ。

必要なことがハードワークではやっぱり続かない。
人間嫌なものとは距離を置こうとするのは当たり前のこと。
根性論では何もできないと思っている僕ですし、敷居の低い方法でやらないと。

そしてそれが、僕のコンテンツとなり、みなさまへ提供できるメソッドとなるわけですから。

まず、僕は体重を減らすことにフォーカスしました。
体重に関しても方法に関してもスマホアプリ(あすけん)を駆使しての食事制限(カロリー制限)。
しかも健康的な食生活はまったく無視して、ただただカロリーだけで制限。
栄養素?なんだそりゃ?
とにかくスマホアプリを使ってカロリーを管理して体重を減らす。これだけに主眼を置いていました。

この方が楽でした。
基本好きなもののカロリーを調べて、アプリに記録するだけなのでホント楽。
もし運動を組み合わせてダイエットをしようとしてうまくいってないのなら、もうやめようよ。
人間はできることしか、やろうと思うことしかできないんですから。

運動してやせろ!と言われた時の僕。
IMG_4575